プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

冬至とうじ12月22日頃 ( 2015 )

一年の間で昼がもっとも短く夜がもっとも長くなる日。この日を境に再び日が延びていくことから「一陽来復」とも言われています。

提供:真如苑

ある日の朝、大地は薄い霧に覆われていました。その後の気温が思ったほど下がらなかった為か、霜にならずに露となって草木にその痕跡を残していました。

提供:真如苑

季節外れのタンポポの花が咲いていました。ここの所の陽気続きで、少し勘違いをしたのでしょうか?

提供:真如苑

いよいよMURAYAMAの紅葉も終わりを迎えようとしています。これからしばらくは、落葉樹に変わり常緑広葉樹の緑が大地を彩りつづけてくれます。

提供:真如苑

冬至の日、柚子湯に入り小豆粥やカボチャを食べる風習があります。その香りや薬効で身体を清める禊ぎの意味もあったそうです。太陽もこの日を境に力を甦らせていきます。

<< 大雪

小寒 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA