プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

寒露かんろ10月9日頃 ( 2007 )

冷気、一段と増す。露が寒冷にあって凝結しようとする。
秋の深まりを思わせる節気。

提供:真如苑提供:真如苑

この季節、早朝のMURAYAMAは草木についた朝露で辺り一面が輝いて見えます。

提供:真如苑

ちらほらと落ち葉が見られるようになりました。本格的な紅葉にはまだ早いですが、日に日に秋の深まりが感じられるようになってきました。

提供:真如苑

「MURAYAMAの花畑」では秋桜 (コスモス) が咲き誇っています。秋桜は可憐な見た目によらず丈夫な花です。繁殖力も強いので来年もこの花畑を色とりどりに染めてくれることでしょう。

提供:真如苑

日暮れも早くなりました。
「秋の日はつるべ落とし」といいますが、井戸端の釣瓶 (つるべ) がストンと落ちていくように、あっという間に日が沈んでしまいます。

<< 秋分

霜降 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA