プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

処暑しょしょ8月23日頃 ( 2009 )

暑さも峠を越え、徐々に後退し始めるころ。
昼間の時間がようやく短くなった事を感じます。朝方の虫の音や涼しい風にホッと一息、秋の訪れを実感できる頃です。

提供:真如苑

見上げれば、秋の空が大地を覆っていました。
今年は、9月1日が台風シーズンを告げる二百十日。昨今、例年にない天候が相次ぎますが、大切な収穫期を前に空模様が気にかかる所です。

提供:真如苑

秋の訪れを感じさせてくれる一コマです。あたり一面緑色に埋め尽くされていた大地からも、わずかな茶褐色の息吹が感じられるようになってきました。

提供:真如苑

タヌキでしょうか?珍客のお目見えです。
水辺伝いにどこからか迷い込んで来たのでしょう。人の視線を察したのか、その姿はすぐに草むらへと消えて行きました。

提供:真如苑

蝉の一生は、地上でのわずか7日間のために地中で7年間を過すと言われています。そう思うと、蝉の鳴き声に「7」という周期の運命が奏でられているようにも聞こえてきます。

<< 立秋

白露 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA