プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

啓蟄けいちつ3月5日頃 ( 2012 )

“啓”は「ひらく」、“蟄”は「土中で冬ごもりしている虫」の意で、 文字通り地中に巣籠りしていた虫たちが、目覚めて活動し始める頃をさします。
地面も、ほかほかと暖まってきます。

提供:真如苑

明け方、東の空に三日月が輝いていました。それを追っかけるように地平線から放たれた陽光で、やがてその姿は青空に消えていきました。

提供:真如苑

2月の終わり、再度MURAYAMAに降雪がありました。やっと芽を出したふきのとうも、さぞ驚いた事でしょう。いつもより遅い春の訪れです。

提供:真如苑

日差しの色合いも、徐々に暖かさを増してきたでしょうか。樹々も小鳥も人間も、大きく深呼吸の時季。「さぁ働くぞ」という意気込みが自然と湧いてくるような気がします。


提供:真如苑

去る2月27日、MURAYAMAの北側エリアで「真如苑芝生ひろば」の起工式が執り行われました。暫定施設ですが、サッカーが出来る広さがあり、市民の皆様にもご利用いただけます。これから工事が始まり、来年の秋オープンの予定です。

<< 雨水

春分 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA