プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

啓蟄けいちつ3月5日頃 ( 2008 )

冬のあいだ土の中に巣ごもりしていた虫たちが目ざめ活動を始める。三寒四温を繰り返しながら、着実に春の暖かさが感じられるようになる。柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲く頃。

提供:真如苑

落ち葉の陰からふきのとうが顔をのぞかせていました。春の訪れをいち早く知らせてくれる山菜です。間もなく地中の虫たちも目覚める頃でしょう。

提供:真如苑

コブシの蕾です。3月末には白色の大きな花が咲きます。コブシの開花を目安に農作業を始める地方も多く、「田打ち桜」「種まきザクラ」等とも呼ばれています。

提供:真如苑

わたぼうしが風の訪れを待っていました。
春一番や東風を始め、雲雀東風 (ひばりごち *1) や涅槃西風 (ねはんにし *2) など、春は多くの風を感じる季節かもしれません。

*1 雲雀東風 (ひばりごち) : 雲雀が空で一日中さえずっているような天候の時に吹く風
*2 涅槃西風 (ねはんにし) : 旧暦2月15日の釈尊入滅の頃に吹く西風

<< 雨水

春分 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA