プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

立秋りっしゅう8月7日頃 ( 2014 )

秋の入り口。しかしながら、一年の平均気温が一番高くなる頃でもあります。これ以降の暑さを残暑といいます。

提供:真如苑

太陽の光が強ければ強いほど、くっきりとした影を大地に落としてくれます。そんな夏一色の景色ですが、次第に夏と秋が混じり合い少しずつ秋の気配が近付いて来ます。

提供:真如苑

夕暮れ、草むらから響く虫たちの声は、はかない夏の夢のようです。なかでも何処からともなく聞こえてくるヒグラシの鳴き声は、小さな秋の足音を感じさせてくれます。

提供:真如苑

お盆の時期、各地ではご先祖さまをお迎えし、また送り出す様々な行事が行われます。灯籠流しのその灯火にも、人々の祈りや思いが込められています。

提供:真如苑

梅雨明けのその声を待っていたように、ひまわりが満開を迎えました。まるで、映画のワンシーンのようです。このひまわりから収穫された種は、福島のNPO法人を通して復興支援の小さな礎になるそうです。

<< 大暑

処暑 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA