プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

寒露かんろ10月8日頃 ( 2013 )

霜になりそうな冷たい露が寒露。草木に冷たい露が降り、実りの秋が深まります。

提供:真如苑

秋の夕暮れは、日が傾いてきたかなと思うとあっという間に西の空が紅色に染まり日が沈んでしまいます。つるべ落としとは、まさにそんな秋の夕暮れを表します。

提供:真如苑

ニラの花にハナムグリ(花潜)が集っていました。その名の通り花に飛来し、花に頭を潜り込ませて蜜をなめているそうです。

提供:真如苑

雲間から光芒が大地を照らしていました。何とも言えぬ、やさしい秋の一コマです。

提供:真如苑

いつの間にかドングリの実も色付いていました。大地を見渡すと、一気に秋色が加速したように思えます。いよいよ秋も終盤へ近付いていきます。

<< 秋分

霜降 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA