プロジェクト MURAYAMA

メニュー

MURAYAMAだよりMURAYAMAだより四季と共に生きる日々移ろうMURAYAMAの大地、そしてMURAYAMAで暮らす動植物の生態系。
古来より季節の区分として利用されてきた二十四節気を通して、
MURAYAMAの現在をお伝えします。

大寒だいかん1月20日頃 ( 2009 )

最も寒さが厳しく感じられる頃。と同時に、日ごとに陽射が強まり春の足音が聞こえ始める。まるで大きな冬と小さな春が綱引きをしているようです。

提供:真如苑

小さなふきのとうの蕾みが顔をのぞかせていました。この蕾みには解毒や強壮作用があり、冬眠から覚めた熊が食べるといいます。春の訪れに、生命の再生と循環を感じます。

提供:真如苑

自然が創り出す文様には、偶然の産物でありながら何か心惹かれるものがあります。ひょっとすると“意味のある偶然”が隠されているのかも知れません。
いつか、そのサインを読み解くことができるでしょうか?

提供:真如苑

日没からの数分間、橙から蒼へ薄暮の世界が空を覆います。やがて漆黒の闇が訪れる頃には、次々と冬の星座が浮かび上がってきます。

<< 小寒

立春 >>


■二十四節気とは

二十四節気

古代中国から伝わり、日本で根付いた農事暦。一年を二十四等分し、その季節ごとにふさわしい名前を付けた自然の暦です。

人々は、植物や生き物、自然の微妙な変化を感じ取り、農業をはじめ暮らしに役立てて来ました。時には、天災などの危険を避ける上でも重要なものでした。自然が営む再生循環と季節の移ろいをからだ全体で感じ、それを読み解いていく。まさに自然と共生してきた証しともいえます。


2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007


TOP

© 2007-2017 Project MURAYAMA